違和感や異常を感じた時には必ず専門業者への連絡を

使いやすいものにする

自宅や企業の防犯上無くてはならず、同時に丈夫さや使いやすさが求められるドアなので、使いにくいと感じるならば交換することも視野にいれましょう。デザインなど、見た目にこだわる人もいます。

日々のメンテナンス

より生活空間を住みやすく快適にするには、設備には日々のメンテナンスが欠かせないものになります。ドアノブ修理はその一つです。毎日回すものなので、その分壊れやすくもなります。

  • 便利なサービス

    丈夫で防犯性が高いドアや鍵にすると、返って紛失したときや暗証番号を忘れてしまったときに簡単には空かないので困ってしまうこともあります。そんな時に頼りになるのが鍵修理業者の鍵開けサービスです。

    Read More
  • 最新式の鍵

    車の鍵にはイモビライザー方式で作る方法があります。これは画期的な最新システムであり、防犯に役立つものです。しかし、これを紛失してしまうととても厄介なので、専門の修理業者を把握しておくと良いです。

    Read More

違和感があるかないか

違和感がないことが重要

ドアの開閉がスムーズにいかなかったり、レバーハンドルなどが傷だらけという現状の方はドアノブ交換を業者依頼することが一番です。ドアノブ交換業者を選ぶ際のポイントとしては一個からでも駆け付けてくれ対応してくれるところがお勧めです。また、実績や経験豊富な職人がいることも重要なポイントです。自分でドアノブ交換を行うことができますが施工後に違和感などを残す場合が多いため初心者には注意が必要です。安価な費用で行うことができる分自己責任が伴ってきます。ドアなどの不調は建物の経年劣化などでゆがみやひずみといったものがどうしても出てきます。ドアノブ交換を業者利用することによってしっかりとしたノウハウでドアノブを調整してくれます。

古いドアノブ使用の方は交換がお勧め

従来のドアノブを使っており、開閉しにくくなった等の違和感を感じたらレバーハンドルへの交換がお勧めです。ドアノブからレバーハンドルでの交換もできますので荷物を持っているときのドアの開閉も楽に行うことができるようになります。住宅のバリアフリー化ということもでき、小さな子供でも簡単にドアを開けることができます。レバーハンドルに交換することによって両手がふさがっている場合にも簡単に移動することができます。高齢の方や体の不自由な方にも優しい住環境を提供することができます。浴室周辺のドアノブは注意して点検することが必要です。それは湿気を多く含む場所ですので錆や劣化がしやすい場所ということが言えるからです。